【子ども向け】おすすめの人気ジュースランキング5選!飲み方の注意点も併せてご紹介

食育

嗜好品や栄養補助として役立つ子ども向けのジュース。

そのまま飲むだけでなく、ブレンドしたり、ゼリーにしたりと、さまざまな楽しみ方ができますよね。

とはいえ、ジュースにはたくさんの味や特徴があるため、どれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで本記事では、子どもにピッタリなジュースを選ぶためのヒントをご紹介します。

「飲ませてあげたいけど、やっぱり糖分が気になる…。」といった方に向けて、ジュースを飲む際の注意点も併せて解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

子ども向けのおすすめジュース5選!口コミ・評判も併せてご紹介

ここでは、ECサイトのAmazonで☆4以上の商品をご紹介します。

ネット通販を使えば、忙しい家事の合間でも簡単に注文できます。スーパーで買い物して重い荷物を持つ手間も省けますよ!

※こちらで紹介しているランキングは当サイト独自による基準です。

①カゴメ 野菜生活100 国産100% やさいとりんご100ml

出典:Amazon

国産野菜と果実を使用した野菜・果実ミックスジュースに、子どもが大好きなりんご風味をプラス。お子様のおやつや1日のリフレッシュに最適な、100mlサイズです。

ジュースには、幼児一食分の野菜70gを使用。さらに砂糖・食塩・甘味料などを使用していないので、小さな子どもでも安心して与えられます。

価格¥2,136 (3本パック ×12袋)
容量100ml×3本
原材料野菜(にんじん(国産)、トマト、ほうれん草、かぼちゃ)、りんご/クエン酸、香料
アレルギーりんご
栄養成分(100mlあたり)エネルギー:36kcal、 たんぱく質:0.3g、 脂質:0g、 炭水化物:8.7g、 ナトリウム:0~33mg、 糖質:8.5g、糖類:7.1g、食物繊維:0~0.4g、食塩相当量:0~0.09g、カリウム:26~320mg、カルシウム:0~28mg、β-カロテン:1000~3300μg
※価格はAmazonでの販売価格です。

3歳と1歳の王子様はアンパンマンに興味が注がれている時期でもあり、美味しくいただいています。
アンパンマンもさることながら、味も複数あることで毎度違った味を楽しめます。

あまり水分を摂らない甥っ子でしたが、大好きなアンパンマンのイラストが描いてあるので、喜んで飲んでくれました。

②明治 それいけ!アンパンマンの完熟リンゴ

出典:明治

明治 それいけ!アンパンマンの完熟りんごは、株式会社明治から販売されているりんご味のジュース。多くの子どもに親しまれている「アンパンマン」シリーズの濃縮果汁100%版です。

キャラクターが愛らしくあしらわれており、パッケージ裏面にはお子様が楽しめるクイズが掲載されています。運動会や遠足、コンサート、文化祭、クリスマスなどのシーンでも、軽くて持ち運びしやすいのが特徴です。

価格¥2,156(125ml×36本)
容量125ml×3本
原材料りんご(輸入)/香料
アレルギーりんご
栄養成分(125mlあたり)エネルギー:59kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物:14.8g、食塩相当量:0.028g
※価格はAmazonでの販売価格です。

本当に完熟したりんごのようだ。甘さもいい。スッキリした後味だ。

娘用に購入してますが、私も一緒に飲んでしまう程美味しいです。アンパンマンのイラストも気に入っている様。朝ご飯として飲ませていますが機嫌が悪い時でもこれを与えると表情が明るくなり、ニコニコで保育園に行く準備をしてくれます。りんご味と、プルーン味と、ブドウ味を交互に購入しています。

③ピジョン 緑黄色野菜&りんご

出典:Amazon

軽くて持ち運びに便利な紙パック飲料。

5種類の緑黄色野菜(トマト・にんじん・アスパラガス・ほうれん草・ブロッコリー)とりんごがお子さまに飲みやすくブレンドされています。

さらに着色料・保存料・香料無添加なので小さな子どもでも安心です。

※5・6ヵ月の赤ちゃんには、湯ざましで2倍程度にうすめて与えてください。

価格¥829 (125ml×3コパック×4個)
容量(125ml×3コパック)×4個
原材料りんご、野菜(トマト、にんじん、アスパラガス、ほうれん草、ブロッコリー)、クエン酸、酸化防止剤(ビタミンC)
アレルギーりんご
栄養成分(100mlあたり)エネルギー:37kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物:9g、食塩相当量:0g
※価格はAmazonでの販売価格です。

9ヶ月の子どもがよく飲んでます。水分不足が心配だったのですが、麦茶や白湯をあまり飲んでくれなかったのでこれを与えてみたらよく飲みます。果糖等が入っていないので安心です。

このところコロナ感染予防の外出自粛が続き、食物繊維不足の感もあり、リーズナブル価格でもあり、パッケージのリンゴの絵が美味しそうに見えたから購入。ただリンゴの味を期待して飲むと、トマトの味だった。

④グリコ 幼児のみもの こどもスムージー

出典:Amazon

果実のおいしさがわかるように、果実を主役にした商品です。

着色料、調味料、保存料、合成甘味料は一切使用していないので、誰でも安心して飲むことができます。

またりんごピューレをふんだんに使用したスムージーなので、満足度もUP。

さらに大きなフタを採用することで、お子さまの誤飲を抑制しています。

※この商品は「乳児用規格適用」商品です。「乳児用規格適用」とは、お子さまに安心して与えることができるよう、放射性物質の新基準値を満たした商品の証明です。

価格¥726(4本アソート 280g)
容量(4本アソート 280g)
原材料りんごとぶどう:果実(りんご、ぶどう)、寒天/乳化剤、(一部にりんごを含む) りんごとおやさい:野菜(さつまいも、にんじん)、果実(りんご、うんしゅうみかん)、寒天/乳化剤、クエン酸、(一部にりんごを含む)
アレルギーりんご
栄養成分(70gあたり)エネルギー:41kcal、たんぱく質:0.1g、脂質:0.3g、炭水化物:9.5g、食塩相当量:0g
※価格はAmazonでの販売価格です。

I歳2ヶ月の曾孫が大好きでよく買ってました。量的にちょうど良いです。野菜とリンゴのが好みのようです。

グズったらこれ、みたいな神オヤツです◎

他社のものと違い、砂糖などが入っていないので少し高いけどこれを購入しています。

⑤シャイニー プチねぶたりんごジュース

出典:Amazon

青森県産りんごだけを丁寧に搾った100%ストレートジュースです。甘さを抑えたまろやかな味わいで、暑い夏にもぴったり。

またパッケージにもこだわり、お子様でも持ちやすいサイズになっています。

価格¥3,013(125ml×30)
容量125ml×30
原材料りんご、酸化防止剤(ビタミンC)
アレルギーりんご
栄養成分(125mlあたり)エネルギー:63kcal、たんぱく質:-g、脂質:-g、炭水化物:-g、食塩相当量:-g
※価格はAmazonでの販売価格です。

ベビーの水分補給だけでなく、年寄りにもちょうどいい量
りんごまんまで、味は本物
これ飲んだら赤ちゃん用のリンゴジュース飲まなくなっちゃったのが失敗

子どもが美味しいと言ってよく飲んでます!
パッケージも持ちやすく、ストローでも、そのままでも飲みやすいようです。
今月2回目のリピート注文してます

ジュースの与え方の基本とは?子どもの健康を守るためにすべきこと

喜んで飲んでもらいたいけど、やっぱり糖分が気になる…。

ジュースを摂取することで、子どもにどんな影響があるかは知っておきたいですよね。

ここではジュースを飲むことの影響、そして適切なジュースの与え方について解説します。

ジュースをあげる年齢は基本的にパッケージを参考にする

ジュースを飲ませる年齢は、製品ラベルに記載されていることがほとんどです。

例えば、M社の子供用飲料は1歳近くから、スポーツ飲料は3ヶ月からと表示されています。このように、ジュースは種類によって最適な飲用開始時期が異なります。

パッケージに記載されている対象年齢を参考にジュースを摂取するとよいでしょう。

ジュースの与え方や身体への影響についてはAAP(米国小児科学会)で結論付けられている

じつはジュースの与え方や身体への影響については、2017年6月にAAP(米国小児科学会)の発表でほとんどが結論づけられています。

英文であるため、以下に論文の内容を大まかにまとめました。

  • ジュースは1歳未満の乳児に対して栄養上の利点はない
  • 子どもの年齢に合った量であれば、重大な臨床症状を引き起こす可能性はない
  • 過剰なジュースの消費は、下痢、腹部膨満、虫歯の原因となり得る
  • カルシウム強化ジュースを飲むのは良いが、母乳や乳児用調整粉乳よりも栄養が少ない
  • 1日のジュース上限量 1~3歳:120ml 、4~6歳:120-180ml 、7~18歳:200-240ml
    (※1オンス=30mL 換算。)

そのほか約20項目について述べられています。

1歳未満にはジュースを与えるメリットがないかも

1歳未満には栄養的な面でジュースを与えるメリットがないかもしれません。

WHOでは、理想的な成長、発達、健康を促すために生後6か月までは母乳のみの育児をおこなうことを推奨しています。

母乳は人工的に作ることができない成分(病気から守る抗体、食欲や絆を深めるホルモンなど )が含まれているため、赤ちゃんの身体にとって必要です。

1歳未満にジュースを与えると、母乳を飲む機会が少なくなるので、与えないのが賢明でしょう。

健康を考えると、ジュースを与えるくらいなら、母乳や乳児用調製粉乳(粉ミルク)の方が良さそうです。

飲み過ぎは「貧血」や「糖尿病」の原因になる

甘いジュースやハチミツなどの甘い液体の摂り過ぎは、幼児の貧血を引き起こし、神経機能や成長に影響を与える可能性があります。

イギリスの幼児1,675人を対象にした調査では、これらを過剰に摂取すると、鉄と亜鉛が不足することが判明しました。

参考:Gibson SA. Non-milk extrinsic sugars in the diets of pre-school children: association with intakes of micronutrients, energy, fat and NSP. Br J Nutr. 1997;78(3):367-78

しかし上記の要因は、ジュースの過剰摂取より、鉄や亜鉛を豊富に含む肉や野菜の摂取量が減少していることにあるようです。

論文から推測するに、どれだけの量を与えたかよりも、ジュースでお腹が満たされ、普段の食事ができなくなることに問題があると言えるでしょう。

ジュースを与える3つのポイント(薄める、コップに入れる、常温)

子どもにジュースを与えるときは、薄める、コップに飲みきれる量だけを出すなどの工夫をすると良いでしょう。

  1. 薄めて提供する:糖質の摂取を減らす
  2. 幼児にはコップで与える:飲み過ぎを防ぐ
  3. 常温にする:お腹の冷えを防ぐ

大人と違って、子どもは消化器官がまだ完全に発達していません。

そのため大量に摂取させると、お腹が緩くなることがあるので、注意が必要です。

しかしジュースは子どもにとって嬉しいものです。親戚の家に行ったときや、家族で旅行に行ったときなどの特別なお祝い事では、ジュースを飲ませてあげるとよいでしょう。

ダメだと言って、ジュースを与えないと返って子どものストレスになります。「ジュース=特別なもの」として、出してあげることが最適ですね。

まとめ

このページでは、子どもにジュースを与えることについて解説しました。 

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。 

  • ジュースは1歳未満の乳児にとって栄養上の利点はない
  • 子どもの年齢に合った量であれば、重大な臨床症状を引き起こす可能性はない
  • 過剰なジュースの消費は、下痢、腹部膨満、虫歯につながる
  • カルシウム強化ジュースを飲むのは良いが、母乳や乳児用調整粉乳よりも栄養が少ない

ジュースは必ずしも健康に良いものではありませんが、子どもたちに喜びを与えられます。

ダメと拒否するのではなく、ジュースは特別なご褒美としてプレゼントするのが一番です。

どうしてもジュースを飲ませたい場合は、炭酸水やナチュラルジュース、低糖のジュースなど、代替となる飲み物を試してみてください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP